キャッシングの専門用語とは?

消費者金融 > キャッシング専門用語を理解する

消費者金融-キャッシング専門用語を理解する

キャッシング会社・貸金業者を利用してお金を借りようとしても、いろいろな難しい専門用語があって分かりづらいこともあるでしょう。 ここでは、基本知識として知っておきたいキャッシング専門用語を理解するために説明をします。
初めての消費者金融・初心者ガイド

●貸し倒れ
<かしだおれ>と読みます。 お金を貸したけれどもその返済が滞ってしまって回収ができなくなる状態のことを言います。

●元金
<がんきん>と読みます。 儲け部分の利益を含まない、もともとの借り入れ金のことを指します。

●債務
<さいむ>と読みます。 経済用語でありますがキャッシングの世界では、お金を借りた人が借りた会社に返済をしなければならない義務のことです。

●サラ金
サラリーマン金融の省略です。 一般的な消費者金融業者のことを指します。

●多重債務者
<たじゅうさいむしゃ>と読みます。 自分の支払い能力を超える借金をしている人達のことを言います。 複数の貸金業者から計画もせずに借入をしてしまう特徴があります。 返済をする目的で借入をくり返して返済金額が膨れあがるケースが多いです。
金融庁ホームページ

●担保
<たんぽ>と読みます。 お金を借りたい人が、お金を貸してくれる会社に返済できなかった場合にお金の代わりになるものを事前に渡すことです。 一般的には債券や不動産が多いですが、広義では人的担保の保証人も含む場合があります。

●督促
<とくそく>と読みます。 お金を貸した貸金業者が借りた人の支払いが滞った場合に支払いの請求をする行為のことです。 送付する書類は督促状と呼ばれています。

●ノンバンク
金融事業をしている会社の中で<融資業務>を専門にしている金融業者のことを指します。

●保証人
<ほしょうにん>と読みます。 お金を借りた人物が返済をできなくなったケースに、そのお金を借りた本人になりかわって返済しなければならない人です。

●闇金融・ヤミ金融
<やみきんゆう>と読みます。 20%の上限が出資法で決められた金利です。 それらを遥かに超える金利でお金を貸し付ける悪質な貸金業者のことです。 登録を受けていない会社もありチラシやDMや電話で勧誘してきます。

●与信審査
<よしんしんさ>と読みます。 お金を借りたい融資申込者が本当に返済能力があるのかどうかを調査して判断することです。